タカアシガニの握り
たかあしがにのにぎり / タカアシガニ

タカアシガニの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

 活けタカアシガニをすし職人のたかさんに見せたらイヤな顔をして、知らんぷりした。
「ちらしには使えるけど、握りには向かねーよ。それに生はつけないからね」
「でも北海道なんかでは軽く湯の中で揺らして、氷水に落として握りに使うでしょ」
「味あるか?」
「まあ、そんなにうまくはないけど、食感は悪くないし、ほんのり甘いしさ」
「でも冷たいだろ。ひんやりしてる。しっかり噛まないとうま味が出ない。だからつけないの」
 ということで、たかさんに生を握らせるのはまだまだ先になりそう。
 蒸し上げたものを渡すと、
「こんなものに職人はいらねーけど」
 なんとなくふくれっ面でつけてくれた。
 タカアシガニは水っぽいと言われているが、蒸したものは適度に身が締まり、カニらしい風味が豊かでうまい。すし飯ともほどよく馴染み、いい味である。
「悪くないじゃん」
「悪くはないが、稼げないネタだな」
 確かに活けガニをつけても歩留まりからして儲からないのだ。

寿司ネタ(made of)

タカアシガニ
Japanese giant clab

タカアシガニ
足の長さまで含めると4メートル近くにもなり、世界最大のカニ。17世紀ドイツの博物学者ケンペルが、巨大なハサミを静岡県由比で見つけてヨーロッパに紹介したことは有名。
千葉県、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県などでは底曳き網、底刺し網・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした