マアジの腹身
まあじのはらみ / マアジ

マアジの腹身

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

マアジは兵庫県淡路島の釣りものがいちばんであると思っている。
ただし実に高い。150㎏サイズで1尾500円以上はする。
この超高級アジを9月はじめ『市場寿司』で握りにしてもらう。
片身づけには大きすぎたので、背と腹の片身二かん。
二かんつまんで、腹の方がうまいなと感じた。
ちなみに二かんとも感動を覚えるほどにうまいと思えたが、あえてとなると腹になる。
ほどよい硬さに、たっぷり脂ののった甘さがあって、しかもしかも背の青い魚特有のうま味がある。
腹の銀皮下にある脂が舌の上でとろける。
この「とろけ感」が背に差をつけたのだ、と思う。
うま味の多彩さ、食感のよさ、養殖ものにはない、すべてがここにある。

寿司ネタ(made of)

マアジ
英名/Japanese horse-mackerel, Japanese jack mackerel

マアジ
北海道〜九州までの沿岸域で群れを作る。
アジ科には多数の食用魚があるが、その代表的なもの。単に「アジ」というとマアジのことだ。アジの語源は「味」にあり、「味がいい」からだとも。
産卵期が長いので日本各地で年間を通しておいしいものがとれる。た・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)