足赤の踊り
あしあかのおどり / クマエビ

足赤の踊り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

 最近では活けの足赤を関西で見つけられても、なかなか関東では見つけることが出来ない。久しぶりに見つけて押っ取り刀で『市場寿司』に持ち込む。
 たかさん、何も聞かずにトンと頭を落とし、ゆでる。尾羽根を熱湯につけて赤く色づかせてから殻を剥く。生きているクマエビの殻を剥くのはなかなかに難しい。
 渡してから数分でやって来たのを大急ぎで口に放り込む。噛むと途端にエビの筋肉が反発するのを感じる。ほんのり甘く、ぷりっと心地よい食感がこれまた感じられる。
 ゆでたときのエビの風味はゆでた頭部をすすり楽しむとして、たまにはよろしいかな、といった一かんであった。

寿司ネタ(made of)

クマエビ
Green tiger prawn

クマエビ
大型のクルマエビの仲間で、関東以西の内湾などに普通に見られる。熱を通すと赤の発色が強く味がいいので高級なエビのひとつ。
すしネタ、天ぷら、フライなど用途も広い。流通するものは総て天然ものだが、国産は少なく冷凍輸入だれたものの方が多い。熱帯太・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)