あじの丸ずし
あじのまるずし / マアジ

あじの丸ずし

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

安

 愛媛県の郷土ずしに「丸ずし」がある。ご飯の代わりに甘酸っぱいおからを使ったもので、愛媛県東部新居浜などでは「いずみや(泉屋)」と呼ばれている。また同じ西伊予の宇和島市でも「丸ずし」だが、「おだまき」という別名もあるようだ。
 すし飯の代わりにおからを使うすしは江戸時代宝暦年間に江戸で生まれた。愛媛県には住友家(泉屋)が持ち込んだなどの説があるが、実はおからを使ったすしは西日本の各地に残っている。要するに江戸の食文化が地方に伝播する、それが西日本の各地に今も残っていると考えた方がいいようだ。
 八幡浜の「丸ずし」のおからはやや甘めで、すしを食べているというよりはおやつを食べているような気分になる。昼下がりなどのお茶うけなどにいいと思う。
[協力/橋本歩さん(愛媛県八幡浜)]

寿司ネタ(made of)

マアジ
英名/Japanese horse-mackerel, Japanese jack mackerel

マアジ
北海道〜九州までの沿岸域で群れを作る。
アジ科には多数の食用魚があるが、その代表的なもの。単に「アジ」というとマアジのことだ。アジの語源は「味」にあり、「味がいい」からだとも。
産卵期が長いので日本各地で年間を通しておいしいものがとれる。た・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)