あじあられちらし
あじあられちらし / マアジ

あじあられちらし

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
丼ぶり Donburi

価格ランク

やや高級

 2016年は島根県浜田市の「どんちっち鰺」が好調でしばしば市場でも見かける。これは春から夏にかけて巻き網で揚がり、脂質10%以上であることを確認して出荷したもの。安くておいしいと評判を呼んでいる。
 これを『市場寿司 たか』に持ち込んで「丼ちらし」にしてもらった。よく巷で見かける刺身状に切り、これをしょうゆにつけながら、すし飯を食べる「刺身ちらし」ではなく、あられ状に切りすし飯の上に散らしてみた。この方がすし飯との馴染みというか、丼ものとしての一体感が出る。
 あられが、すし飯の上に乗せただけで、室温で表面の脂が溶け出して光を反射してキラキラ光っている。当然、口中に入るやとろりと溶けて、すし飯と馴染む、馴染む。
 陶然としてなにも言葉が浮かんでこない。それほどにうまい。今年の「どんちっち鰺」はうまいぞ!

寿司ネタ(made of)

マアジ
英名/Japanese horse-mackerel, Japanese jack mackerel

マアジ
北海道〜九州までの沿岸域で群れを作る。
アジ科には多数の食用魚があるが、その代表的なもの。単に「アジ」というとマアジのことだ。アジの語源は「味」にあり、「味がいい」からだとも。
産卵期が長いので日本各地で年間を通しておいしいものがとれる。た・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)