いわしの丸ずし
いわしのまるずし / マイワシ

いわしの丸ずし

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

安

 西日本各地に残る、おからを使ったすしのひとつ。愛媛県東部では「いずみや」、西部では「まるずし」という。
 塩と酢でしめたマイワシで甘酸っぱいおからをくるんでいる。丸く形作るので「丸ずし」でる。
 愛媛県八幡浜市のものは、甘味が強く、どちらかというと、お茶請けのようなものである。
 愛媛県東部の「いずみや」を漢字にすると「泉屋」で別子銅山を経営していた、住友家の屋号である。質素倹約をモットーとする京都・大阪の商人である住友家が値の張る米ではなく、豆腐の副産物であるおからをすし飯の代わりに使う工夫をした、とされている。ただし、おからのすしが生まれたのは宝暦年間の江戸の町でこれが愛媛にもたらされたものと考える方が正しいと思う。

寿司ネタ(made of)

マイワシ
英名/Sardine,Spotline sardine

マイワシ
古くから日本漁業の中心を担っていた魚。波はあるものの漁獲量が多く、値段が庶民的であるために鮮魚、加工品とも重要な魚種である。鮮度落ちが悪く、流通の発達する以前は「下魚」などとされていたが、近年ではやや高値安定で、評価も高い。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)