ソコクロダラの昆布締め握り
そこくろだらのこんぶしめにぎり / ソコクロダラ

ソコクロダラの昆布締め握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

やや高級

「手間がかかるし、だれも知らない魚だからね」
 値段がつけられないと、たかさんが言う。
 目の前にあるのはソコクロダラの昆布締めをつけたものだ。血合いがきれいだし、昆布の香りが上品な白身にほどよい加減でプラスされている。実にうまい握りだと思う。
「タラの仲間だって説明するといいんじゃない」
「味はタラだよね。仕事してるって味だしね。じゃタラの昆布締めにするか」
「タラじゃ、ダメだよね。仲間ってしないと」
 その仲間をつけるか、つけないかでもめる。結局本名でだすことに。
「ソコクロダラの昆布締め三百円なりよ」
「マダラと同じ値段だね」
 それで翌日、店で出したらあっと言う間にネタ切れとなった。
「よ! ソコクロダラ、千両役者!」
「そりゃー、言い過ぎでしょ」

寿司ネタ(made of)

ソコクロダラ
Morid cod

ソコクロダラ
珍しい部類に入る。とれるときはぽつんと1個体だけで、認知度も低く、流通にのることは少ない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした