フトミゾエビの握り
ふとみぞえびのにぎり / フトミゾエビ

フトミゾエビの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

 国内の沿岸でとれるクルマエビ類のなかでももっとも味のいいエビのひとつ。少ないながら輸入ものもあるが、あまりすしダネにならないのは流通量の少なさ故だ。
 比較的小振りなので大型を選んで塩ゆでする。クマエビ(足赤)ほどは硬く締まらないのがいい。
 すし職人のたかさんも、
「メキ(メキシコ産のクルマエビ類でそば屋の天ぷらなどによく使われる)に似ているけど、一度も冷凍していない分、うまいと思うな」
「たかさんはブラック(ブラックタイガー)とか嫌いなんだよね」
「ゆですぎると硬くなるし、パサつくからね」
 残念なのは大振りのものはめったに揚がらないことだ。たった4尾をふたりで分けて、それでお仕舞い。もっと食べたい、切に思う。

寿司ネタ(made of)

フトミゾエビ
Western king prawn, Stone shrimp

フトミゾエビ
国内ではまとまってとれることは少ない。そのため国内での認知度は低いが、インド洋では重要種とされている。
天然ものが輸入されており、国産のものよりも見かける機会は圧倒的に多い。小型でホワイト系に近い色合いなので、比較的手頃な値段となっている。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした