なめたがれいの握り
なめたがれいのにぎり / ババガレイ

なめたがれいの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

やや高級

標準和名のババガレイを関東では「なめたがれい」と呼ぶ。主に冬から春の子持ちに人気がある。子持ちの煮つけは関東では庶民の味として親しまれてきた。
夏になると刺身にしても美味しいのだが、この「なめたがれい」は煮つけという考えからなかなか定着しない。
これを握りにしてみる。活魚なので握りやいなや、すし飯の上でゆっくりと反り返る。
食感がよく、微かに甘味がある。すし飯との馴染みが悪いのが残念ではあるが、捨てがたい一かんである。

寿司ネタ(made of)

ババガレイ
英名/Slime flounder, Slime sole

ババガレイ
北海道、太平洋側の三陸、常磐などでは重要なカレイ。
三陸などでは年取りの魚でもある。
関東にも三陸、常磐などから入荷してきていて、古くから親しまれている。
関東でナメタガレイというのも、三陸から入荷したために使われるようになったと思われる。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした