わらさの握り
わらさのにぎり / ブリ

わらさの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

やや高級

ブリは1m以上、重さ10kg以上になる大形魚。生まれたばかりを「もじゃこ」、少し成長すると「わかし」、そして3kg以上を「わらさ」、10kg以上を「ぶり」という。ブリは成長段階で、また季節毎に味わいが違う。
今回のものは秋の「わらさ」。まだまだ脂ののりはイマイチ。つまむと、最初に脂のほどよい甘さ、血合いの酸味が舌に感じられ、遅れてうま味が口に広がってくる。脂の強い時季のものよりもブリという魚本来の味わいが楽しめるかも。
写真は入荷当日のもので、すし職人のたかさんは「明日かな」ともらす。実際入荷2日目の方がすし飯との馴染みもよかった。
あっさりしている分ついつい手が伸びる。4かん、5かんと食べても、また食べたくなる味だ。

寿司ネタ(made of)

ブリ
Japanese amberjack

ブリ
大きさによって名前が変わる出世魚。イナダから値段がつくが、意外に小さいものは未利用魚となることが多い。年取魚は西日本(富山県・長野県・岐阜県・愛知県を境にして)のブリ、東日本のサケと、年取り魚は東西で分かれる。粕汁の材料も西ではブリ、東では・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)