初夏の生ムロアジの握り
しょかのなまむろあじのにぎり / ムロアジ

初夏の生ムロアジの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

並

暖流のまっただ中を回遊しているムロアジは西日本で好まれ、東日本ではあまり見かけない。西高東低の魚である。
産卵期が夏なので旬は春から夏となるが、意外に年間を通して味が落ちない。
そしてこれは最旬の6月のムロアジ。
すし職人、たかさん(渡辺隆之さん)が「血合いが大きくて濃いなー」と言いながら握りにして、皿に並べる。
切りつけた断面を見ただけで、うまいのがわかる。
筋と筋の間の筋肉が盛り上がっていて、脂の粒子が乱反射して真珠のように光っている。
その脂が口に入れた途端にとろけて甘い。
たかさんが口に入れた途端、「あ」と声を出したのもこの甘さ故だろう。
これは「うまい」としかいいようがない。
ネタがとろけるのですし飯との馴染みも抜群にいい。
やや間があって、たかさんも「うまい!」。反応が遅いのは年のせいか?

寿司ネタ(made of)

ムロアジ
Amberstripe scad

ムロアジ
マイナー魚ではあるが、稚魚、幼魚はともかく成魚は未利用魚ではない。
主に太平洋側の温かい海域に多い。
干ものや節などに加工されることが多く、鮮魚で出回るのは産地周辺のみ。希に関東にも入荷してくるが安くても売れないことが多い。
非常に味のよい・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした