ギンダラのあぶり
ぎんだらのあぶり / ギンダラ

ギンダラのあぶり

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

カナダ産養殖ギンダラは脂がのって、とろっと口の中でとろけてしまう。
まるでマグロの大トロを思わせるが、味がやや単調である。
この単調さが、握りとしての完成度を低くしている。
おもしろみに欠ける。
それを握る直前にあぶることで解消する。
火がなめた表面が香ばしく、脂が液体となり泡立っている。
口に入れるとほんのり温かく、適度にとけて、すし飯と馴染み消えていく。
これはいい。

寿司ネタ(made of)

ギンダラ
Sablefish

ギンダラ
「たら」とつくが、タラの仲間ではなく、カサゴ目ギンダラ科の魚。北海道、三陸沖などでもとれるが、量的には少ない。1970年代、北洋漁場からかなりの量を国内に持ち込んだ。
当初は名前にあるようにタラ(マダラ)の代用品として鍋物用、煮つけ用に売ら・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)