シマゾイの握り
しまぞいのにぎり / シマゾイ

シマゾイの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

並

北海道釧路にある昆布森漁協からタグ付きでやってきたもの。晩秋のシマゾイの味をすし職人のたかさんと試してみる。
血合いの弱い美しい白身。皮にうま味ありと思ったものの、やや硬いのですし飯と馴染みを考えて引く。
冬を控えて脂がのっているためか甘い。身に厚みを感じるのは締まっているためだろう。
白身ネタとしての存在感も十二分にあり、主役級の一かんである、とすし職人、たかさんも太鼓判。

寿司ネタ(made of)

シマゾイ
Three striped rockfish

シマゾイ
関東にも冬期から春にかけてまとまって入荷してくる。
「そい」とは北国でのカサゴ目メバル属の総称。
マゾイ(タヌキメバル)、クロソイ、キゾイ(シマゾイ)、アオソイ(クロメヌケ)があるが、評価もこの順序に近い。
関東ではこの評価はソイの評価は一・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした