ボラの握り
ぼらのにぎり / ボラ

ボラの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

並

江戸時代に高級魚だったボラも内湾や河口域の汚染によって、泥臭みが出てしまったこともあり、今や下魚である。
ただ、この泥臭みのあるのは汚染された海のものだけ。兵庫県淡路島の澄んだ海にいるものに臭みもクセもない。非常に上質で味のいいすしダネがとれる。
また旬は秋から冬だが、春のボラもけっしてまずくはない。大きいものは脂がのり、実にうまい。
春の淡路島のボラを握りにする。驚くべきはそのうま味である。臭みがないどころではない、実に味が濃い。濃いのに後味がきれいだ。
すし飯との馴染みも絶妙。見事な一かんである。

寿司ネタ(made of)

ボラ
Flathead gray mullet

ボラ
都内ビルが建ち並ぶなかを流れる河川や水路、堀などにも見かけることのできる、ある意味ありふれた存在かもしれない。古くは高級魚で江戸時代などは贈答用などにも使われていた。大きな湾を抱える地域では重要な食用魚の最たる物だったはず。古くは千葉県内房・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした