キアマダイの握り
きあまだいのにぎり / キアマダイ

キアマダイの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

アマダイ類は身が柔らかく、骨が硬い。下ろしにくい魚の最たるものだ。またよほど鮮度がよくなければ生食に向かない。
この「よほど」が手に入ったのですし職人の渡辺隆之さんに握ってもらう。
その見た目は平凡である。が、口に入れてビックリ。驚くほど甘味が強いのだ。
軟らかい上に、うま味豊富で甘い。
すし飯との馴染みもよく、実に印象的な一かんである。

寿司ネタ(made of)

キアマダイ
Tilefish, Blanquillo

キアマダイ
国内でとれるアマダイはアカアマダイを筆頭に、シロアマダイと本種で3種類。
なかでももっとも量的に少なく、値段的にも安いとされるのが本種。
うまいまずいのことよりも、あまりとれないので、食べたという人自体が少ない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした