メバチマグロてんぱの握り
てんぱのにぎりめばちまぐろ / メバチマグロ

メバチマグロてんぱの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

やや高級

9月になり、宮城県沖で揚がったバチの大トロきわの「てんぱ」である。
「てんぱ」はマグロの真ん中を走る赤み、そのいちばん前の端っこである。
冊取りが難しく、半端な部分であるが、味がいい。
赤身の味のよさを堪能できる部分というとわかりやすいだろうか。
メバチの適度な酸味とうま味が舌に喜びを感じさせて、すし飯となじむ。
まことにマグロのうま味はここにあり、などと思い知る味である。

寿司ネタ(made of)

メバチマグロ
Bigeye tuna

メバチマグロ
クロマグロの5倍から7倍の漁獲量、輸入量があり。「マグロの刺身」としてもっとも一般的なもの。魚屋さんやスーパーで単にマグロというと本種をさすことが多い。
基本的に中トロはとれるが大トロの部分はないとされているが、近年本種でも「大トロ」の表記・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)