寒さばの握り
かんさばのにぎり / マサバ

寒さばの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

やや高級

師走も半ばになり千葉県館山から入荷してきたもの。活け締めで、触ってもまだ硬く締まってはいない。しかも腹を指でなぞるとぬめっとしているのだ。
これを押っ取り刀で『市場寿司』に持ち込んで握りに仕立ててもらう。
すし職人たかさんをして、「この分厚さはなんじゃ」と驚嘆させるほどの上物である。
分厚く切りつけているのは脂があるために身が柔らかいためだろう。
高さがあるので見た目にコロンとまるく感じる。これを口に放り込んだ途端にとろけてくる。実に甘い。とろけてすし飯と馴染み、口中にうま味を発散させて消える、この時間が実に短い。
房総半島最先端で揚がったぼってりと太り肉のマサバは天下一品。
これ以上は望めぬほどの一かんである。
2012年12月13日

寿司ネタ(made of)

マサバ
Chub mackerel

マサバ
古くは大衆魚、下魚などとされ、安くてうまい魚の代名詞だった。鮮魚としても加工品としても、魚のなかでももっとも重要なもの。古代には「なれずし」が作られ、江戸時代には塩さばや干しさばが広く流通した。塩さばは、「お歳暮」の起源となった。
これが資・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)