わかしの握り
わかしのにぎり / ブリ

わかしの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

並

初夏から初秋にかけて体長30㎝前後のの「わかし」が入荷してくる。
脂がなく、「ブリの味はいなだ(30㎝以上)から」と相模湾などではいわれている。
でも、この「わかし」、鮮度さえよければすしダネとして意外にうまいのである。
江戸前ずしのいいところは、一かんで完結しないことだろう。
味の強弱のあるすしダネがあって、はじめて一食として成り立つ。
「わかし」の味は「弱」にあたり、ほどよい酸味が「強」の後に生きる。
しかも、じっくり味わうと回遊魚らしいうま味もある。
これで「味の弱いすしダネ」の基本を知るのも、すし通への近道かも。

寿司ネタ(made of)

ブリ
Japanese amberjack

ブリ
大きさによって名前が変わる出世魚。イナダから値段がつくが、意外に小さいものは未利用魚となることが多い。年取魚は西日本(富山県・長野県・岐阜県・愛知県を境にして)のブリ、東日本のサケと、年取り魚は東西で分かれる。粕汁の材料も西ではブリ、東では・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)