あこう薄造り握り
あこううすつくりにぎり / キジハタ

あこう薄造り握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

 活のキジハタは一晩寝かせても、まだ身が硬く、普通に切りつけて握ってもらっても、もうひとつすし飯と馴染まない。ということで薄造りにして握ってもらう。
 関東のすし職人はキジハタに慣れていない。しかも薄造りを握ることなど普通にはありえないのだ。すし職人渡辺隆之さんはあれこれ考えて、すし飯をくるんと巻き込むようにして握った。見た目はそれほどよくない。が口に放り込むと、実にうまい。
 薄造りにしたことでなによりもすし飯との馴染みがよくなったし、甘味もうま味も感じられて文句なしにうまい。
「うまいねー。これは見事だ。夏のキジハタはすごい」
「いやー、ダメだね。見た目が貧相だ」
 とは言うものの、うまいものはうまい。
2012年07月31日

寿司ネタ(made of)

キジハタ
Redspotted Grouper

キジハタ
日本海、瀬戸内海の浅場に多い小型のハタ。瀬戸内海では種苗生産などが盛んに行われている。
標準和名よりも関西での「あこう」の方が有名。大阪などでは夏の「あこう」の薄造りは冬のフグに対するものとなっていて「冬のフグ、夏のあこう」などともいわれて・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)