鳴き袋のあぶり
なきぶくろのあぶり / ホウボウ

鳴き袋のあぶり

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

並

 ホウボウは泣くことができる、というかうるさいほど鳴く。水揚げされると「ググ、ググ」と大鳴きするのである。鳴くことが出来るのは鰾(うきぶくろ)が筋肉に包まれて強く伸縮するからだとされている。当然ながら鰾が大きい。この鳴き袋は刺身などを皿に盛るときにつけると別種のうまさであって、うれしいものでもある。
 刺身につけたり、おつまみにするなら、すしネタとしてみてはいかがなものか?
 活魚のホウボウを締めてすぐに鳴き袋を取り出してあぶって握りにした。「すしはいろいろ工夫すべき」と思っているので、これは比較的常識的なすし職人、たかさんにお願いしての試みの一かんである。
 残念ながら鳴き袋はやや硬く、すし飯との馴染みはあまりよくはないが、とにもかくにもうまいのである。
 握りとして、こんなのもありではないか? 後々、たかさんにも食してもらい意見を聞くと、「おもしろみがあると思うけど、おつまみにした方がいいだろ」とのこと。
 うまければいいのだとは思うのだけど、結論が宙に浮いた形の一かんとなった。
2013年02月26日

寿司ネタ(made of)

ホウボウ
Bluefin searobin

ホウボウ
非常に上質の白身で江戸時代には、「君の魚」といって上流階級の食べるものとなっていた。また、お食い初めの魚でもある。
暖かい海域に多く、沿岸魚で入荷量の少ないものだったが、近年温暖化のためかまとまって入荷してくる。
高級魚であったものが、入荷・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)