新いか握り
しんいかにぎり / コウイカ

新いか握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

超高級

 コウイカ(東京で「墨烏賊」)は夏に始まり、翌年初夏に終わる。その初手に出るのが「新いか」。これが成長とともに味が変わる。
 この走りのピンポン球くらいのものはとにもかくにも軟らかい。噛むと言うよりも押しつぶすといった食感で、じわりと甘い。当然、すし飯ともよく馴染み、あっけなく喉の奥に消えていくのだけど、しっかりイカのうま味も感じられる。
 江戸前すし職人はこのすし飯との馴染みのよさを尊ぶ。
2012年07月31日

寿司ネタ(made of)

コウイカ
英名/Cuttlefish

コウイカ
コウイカ類総論
イカには貝殻が萎縮してフィルム状になったツツイカの仲間と、まだしっかり甲状で残っているコウイカ類に分かれる。
コウイカは日本各地に多種類いて、ほとんどが食用となっている。
なかでももっとも一般的なのがコウイカ、そしてカミナリ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした