さばのかぶらずし
さばのかぶらずし / マサバ

さばのかぶらずし

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

やや高級

 石川県、富山県などで作られる「かぶらずし」のひとつ。滋賀県から北陸、東北、北海道の日本海側で作られている麹を使った「すし」のひとつでもある。
 ブリを使ったものは有名であるが、高価で正月など特別な日のための「ハレ」のもの。サバを使ったものの方がより日常的で庶民的なものだ。
 塩漬けしたサバのうま味がかぶらと一体化して、麹の甘さと相まって実に美味しい。やや甘口の酒に合う。
[カネナカ食品工業 石川県小松市安宅新町]

寿司ネタ(made of)

マサバ
Chub mackerel

マサバ
古くは大衆魚、下魚などとされ、安くてうまい魚の代名詞だった。鮮魚としても加工品としても、魚のなかでももっとも重要なもの。古代には「なれずし」が作られ、江戸時代には塩さばや干しさばが広く流通した。塩さばは、「お歳暮」の起源となった。
これが資・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)