しゃこ爪軍艦巻き
しゃこつめぐんかんまき / シャコ

しゃこ爪軍艦巻き

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
軍艦巻

価格ランク

超高級

 シャコがたくさん揚がった東京都、神奈川県、千葉県の東京湾沿岸では浜ゆでなどの加工技術が発達した。その浜ゆでしたシャコの爪から大豆大くらいの筋肉をむいたものを「しゃこ爪」という。トレイ1つ作るのには、気の遠くなるほどの手間がかかる。すしダネとしてよりも小粋なつまみとして使われることが多い。
 本体よりもほんの少し食感が強く、ほんの少し甘味も豊かである。
 これを軍艦巻きにする。これがいいのである。ただしこれを出してくれるすし屋は少ない。もしあったとしても、かなり通ってからお願いすること。

寿司ネタ(made of)

シャコ
英名/Mantis shrimp,Squilla,Edible mantis shrimp

シャコ
国内の石狩湾以南の穏やかな内湾で春から夏にかけてまとまってとれる。
この時期が産卵期にあたり、いちばんおいしい時期でもある。
季語歳時記でも夏。
古くは東京湾などでもたくさんとれていて、ために江戸前寿司の代表的なネタとなった。
比較的産地な・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)