しゃこきゅう
しゃこきゅう / シャコ

しゃこきゅう

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
海苔巻

価格ランク

並

 1個で1かんの握りに使えないサイズは安い。これを二枚漬け(2個で1かんの握りにする)にすることもあるが、巻物に使うこともある。
 すし職人に聞くと「シャコにはきゅうりが合う」のでこれを合わせて細巻きにするのだという。これを「しゃこきゅう」という。
 巻き上げて、甘いつめをしたたらせてつまむ。このシャコの甘味とシャコの涼やかな味、食感が見事である。

寿司ネタ(made of)

シャコ
英名/Mantis shrimp,Squilla,Edible mantis shrimp

シャコ
国内の石狩湾以南の穏やかな内湾で春から夏にかけてまとまってとれる。
この時期が産卵期にあたり、いちばんおいしい時期でもある。
季語歳時記でも夏。
古くは東京湾などでもたくさんとれていて、ために江戸前寿司の代表的なネタとなった。
比較的産地な・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)