へらずし
へらずし / ブリ

へらずし

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

高級

 高知県幡多郡大月町の郷土ずし。大月町は昔、ブリの豊漁に沸き、飽きるほどにとれたという。この脂ののったブリで作ったのが「へらずし」。網を修理するときの「へら」という竹製の道具に似ているためにこの名があるともされている。同町の柏島では「へだずし」と言う。
 三枚に下ろしたブリに切れ目を入れ、カタカナの「コの字」型にし、そこにすし飯を詰め込んでつくる。脂ののったブリの濃厚なうまさを、すし飯の酸味が適度に和らげ、イヤミのない万人向きの味に仕立ててある。ブリ一匹を使うと豪華絢爛である。
 大月町では寒い時季のハレの日には欠かせないご馳走だという。
[御食事処 みやざき 高知県幡多郡大月町]

寿司ネタ(made of)

ブリ
Japanese amberjack

ブリ
大きさによって名前が変わる出世魚。イナダから値段がつくが、意外に小さいものは未利用魚となることが多い。年取魚は西日本(富山県・長野県・岐阜県・愛知県を境にして)のブリ、東日本のサケと、年取り魚は東西で分かれる。粕汁の材料も西ではブリ、東では・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)