ばらずし
ばらずし / マサバ

ばらずし

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

安

 丹後半島周辺、京丹後市、宮津市、与謝野町、伊根町などで作られているもの。古くは焼いたサバを甘辛いでんぶにしてすし飯にのせていた。
 これを現在ではサバの水煮缶で作る。サバの水煮をフライパンなどで煎りながらしょうゆ、砂糖、酒などで味つけする。干しシイタケ、竹の子は戻して甘く煮る。錦糸卵を作る。サバのでんぶ以外の具はに錦糸卵と干しシイタケ、グリーンピースなど。いたって庶民的な家庭の味だ。
 写真は宮津市のスーパー『にしがき』で買い求めたもの。でんぶはほどよい甘味で適度な水分でほろほろしている、すし飯が美味しい。いたって平凡な片田舎で売られている、持ち帰りずしだが、あなどれない味である。

寿司ネタ(made of)

マサバ
Chub mackerel

マサバ
古くは大衆魚、下魚などとされ、安くてうまい魚の代名詞だった。鮮魚としても加工品としても、魚のなかでももっとも重要なもの。古代には「なれずし」が作られ、江戸時代には塩さばや干しさばが広く流通した。塩さばは、「お歳暮」の起源となった。
これが資・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)