スルメイカの握り
するめいかのにぎり / スルメイカ

スルメイカの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

並

 スルメイカは安くて、しかも新鮮なものを手に入れやすい。また北海道、日本海、太平洋と産卵期の違う群れがあるので、年間を通して味が安定しているのもいい。
 呈味成分はアオリイカなどと比べると劣るとされているが、あえて比べなければ実にうまい。
 すし職人の渡辺隆之さん曰く、
「問題は単に切りつけるとすし飯との馴染みが悪い。あとはすし飯の白にネタの白で“色気”がないことだね」
 皮をむいてまずは1かん分に切りつける。縦に切れ目を入れて網代というよりも、女学生の三つ編みのごとく結んでつけてくれた。
 これが絶品である。ケンサキイカのようなねっとりとした甘味があるわけでもないし、ヤリイカのような食感のよさもないが、平凡でありながらよくできた味である。
 そのまましょうゆをちょんとつけて食べ、煮きりをぬってもらって食べる。
 素直な気持ち、毎日食べるなら、これでいいのだ。

寿司ネタ(made of)

スルメイカ
英名/Japanese common squid

スルメイカ
<c1>閉眼類総論</c1>
ヤリイカ類が眼がそのまま海水に露呈しているのに対して、眼が薄い皮膜で覆われているところから閉眼類と呼ばれる。
世界中の沿岸域、沖合に比較的大きな群れを作っている。
スルメイカ、アカイカ、ソデイカなど大量にまとま・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)