サワラ焼霜造り
さわらやきしもつくり / サワラ

サワラ焼霜造り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

この秋(2013年10月、11月)東京湾産のサワラの入荷が続いている。
脂ののり、非常に味がいい。
これを1本買いして、『市場寿司 たか』で握ってもらう。
たかさんが、皮目をあぶる。
その皮下から脂がしみ出てきて、その粒子が踊るのが見える。
これを生温かい内に握り、すぐに口に放り込む。
ネタの表面がとろりととろけて、あぶった香りが鼻に抜ける。
非常に甘みがあり、うま味と、すし飯の馴染み具合のよさで陶然となる。

寿司ネタ(made of)

サワラ
Japanese spanish mackerel

サワラ
サワラは、和食の基本的な素材のひとつ。冠婚葬祭などの膳にもよく利用されている。焼き物、吸い物などなくてはならない存在といえそう。和食離れが進みつつあって、この基本的な素材という概念も薄れつつある。
また瀬戸内海、関西などでは非常に重要な魚で・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)