フエダイの皮霜造り握り
ふえだいのかわしもづくりにぎり / フエダイ

フエダイの皮霜造り握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

 今年(2017年)はフエダイが多い。フエダイを『市場寿司』に持ち込むと、あまり新しい魚の名を覚えようとしない、たかさんすら
「フエダイだね。うれしいねー」
 と言ったのだ。当然、だまって仕込む。三枚に下ろして背の方は皮を引き、腹の方は皮に湯をかけて氷水に落とす。
「めずらしいね。皮霜造りにするなんて」
「フエダイ君なら任せといてよ。今年はこれが2回目なんだから」
 まさかと思ったら自分で仕入れていたのだ。
 美しい血合いの色、身の甘さと普通につけたのも絶品だった。
「たかさん、皮霜思ったよりもいけるね」
「そうだろ。ウチで刺身にしたとき発見したんだ。皮は少し硬いけどうまいよね」
 すし飯との相性は皮がある分悪くなるが、それ以上に皮の食感、皮と身の間にあるうま味がすごいのだ。
「これなら白身として常においてもいいくらいだね。でも……」
「でも……?」
「最近高くなりすぎ」

寿司ネタ(made of)

フエダイ
Star snapper

フエダイ
日本でも亜熱帯域、熱帯域に多い魚。
本州などでは珍しい。
非常に味のいい魚で九州南部、沖縄などでは高級魚。
鹿児島県、宮崎県では初夏の風物詩的なものとも言えそう。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした