クロヒラアジの握り
くろひらあじのにぎり / クロヒラアジ

クロヒラアジの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

並

 クロヒラアジは本来、熱帯域、亜熱帯域にいる魚だが、海水温の上昇からか本州などでも珍しい魚ではなくなっている。この左右に平たく体高のあるアジ科の魚はすべて味がいい。
 この形の魚をよく持ち込んでいるためか、すし職人の渡辺隆之さんもわたすと、文句も言わずに受け取ってくれる。しかもどうやらこの手の魚のよさがわかってきたのか、提供するとうれしいようだ。
「わかってきたようだね。この手の魚のよさ」
「昔からそうだよー。カイワリと同じじゃない」
「確かにね。脂が身に混在するところ。舌触りがねっとりしているところとかね」
 要するに特上の味わいだと言うことだ。
 たかさんが切りつけながらうなる。
「いい身だね。それにつけやすい」
 鮮度がいいのにそれほど身が硬くなくつけやすいのはメダイなどにも似ている。
 口に放り込んだ途端に甘味が広がるのも魅力的である。
 一かんの存在感が大きい。
 

寿司ネタ(made of)

クロヒラアジ
Blue Trevally

クロヒラアジ
熱帯に多い魚で、相模湾などでは小型が多い。
味のいい魚であるが、定置網などに入ってもまとまらないので、ほとんど知られていないのが残念で鳴らない。
また近頃、このヒラアジ系をシガテラ毒などの原因魚として排除する動きがあるが、このような小型種で・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした