ビンナガマグロのづけ
びんながまぐろのづけ / ビンナガマグロ

ビンナガマグロのづけ

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

並

脂ののりはほどほど、という大振りの冊を霜降りにして、しょうゆ、煮きりみりんを合わせた地に半日つけ込んだもの。
江戸時代以来の伝統的なすしダネ「づけ」である。
ほどよい脂があって、トロリと甘く、そこにしょうゆとみりんのうま味が加わる。
生の甘くて軟らかいという、単調さを破った技が光る一かんである。

寿司ネタ(made of)

ビンナガマグロ
Albacore

ビンナガマグロ
マグロとしては小型で、資源量が多い。マグロ類ではもっとも安い。
古くは缶詰などに加工されていたものだが、脂ののった時期にとったものを冷凍、これをビントロ(ビンチョウマグロのトロ)として売り出してから生食用としても認知されるようになった。特に・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)