マダラの握り
まだらのにぎり / マダラ

マダラの握り

この寿司の写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
握り

価格ランク

高級

寒くなると入荷が増え、美味しくなるのがマダラ。
産地では刺身で食べるのが普通で、
よくすしダネに使われるが、東京では珍しい。
市場に活魚(生きているもの)が入荷したときだけ、生で握る。
透明感があり美しい握りで、ほんのりと甘く、適度な食感がある。
東京では高級だが、東北、北海道では安くて美味しいすしダネ。
つまむと北国の雪景色が思い浮かぶ、そんな握りだ。

寿司ネタ(made of)

マダラ
英名/Pacific cod, Gray cod フランス名/Morue du Pacifique

マダラ
日本だけではなくヨーロッパ、アメリカ、カナダなど北半球でもっとも重要な魚がマダラである。イギリスとアイスランドでタイセイヨウマダラの漁業権をあらそって戦争まで起こしている。当然、我が国においても重要性はかわらない。特に乾物となって日本の津々・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした